【創作読み物】ある村と大猪(おおいのしし)

boar 創作・読み物
スポンサーリンク

 

西の村に了安(りょうあん)という名の男あり。

二十余歳の青年了安は、身体大きく、よく食べ、よく酒を飲み、快活で人付き合いよく、初めて会う者からは好感を抱かれる性質であった。

 

 

ある日、了安は山で、大猪(おおいのしし)に遭遇した。薪拾いを終えて一人下山している最中だった。

大猪は、鼻息荒くし、了安をじっと睨みつけている。

了安の脚は震えた。

周囲には人っ子一人おらず。人里離れたこの場所で叫んだところで誰も来ぬ。かといって逃げ出せばあっという間に大猪に追いつかれては体当たりされてやられてしまうだろう。こちらから攻撃するのも得策とは思えぬ。ならば死んだふりをするか、いいや、それも危険だ。

あれこれ考えている間に大猪が向かってきた。

了安は声を上げた。身をねじり、持っていた斧を振り回した。すると運よく大猪の体に当たったものですから、これは攻めの好機と、無我夢中になって斧を何度も振り下ろした。

大猪は死んだ。

了安は荒い息を吐き出し、やがて高らかに笑った。

 

 

村に帰った了安は、さっそく山での出来事を皆に報告した。かつぎ帰った大猪の死体が、大猪との格闘そして勝利の何よりの証拠となった。

村人たちは大層喜んだ。この大猪とくれば、農作物を荒らし、人間を追いかけ回すこと数度。いずれ自分や家族が襲われはしまいかと、村人たちは戦々恐々としていた。やれお見事! 素晴らしい! 了安に感謝の声が寄せられた。

実をいうと、村人たちからすれば、了安はどうも心もとない青年であった。普段は人のよい男で一見立派にも殊勝にも見えるのだが、酒を飲むと調子が変わるきらいがあり、酔っては他人を馬鹿にしたり女にちょっかいを出したり、礼を欠いた振る舞いや欲に駆られた立ち回りがたびたび見られた。とはいえ、過去は過去、大猪からの危機を救ってくれた英雄だとして人々は彼を祭り上げた。

 

すると、その日を境に了安に変化が起きた。英雄と呼ばれるにふさわしくあろうとしているのか、酒を極端に控え、よく体を鍛えるようになった。みるみる彼の体は引き締まっていった。恵まれた体格が磨かれていき、元々悪くない顔立ちがきりりと映えていった。

肉体の変化につれ評判がよくなるものですから、了安は自信を得て、その自信がますます彼を魅力的に見せ、いよいよ村一番の頼れる男としての風格が彼に備わってきた。

それまで村一番の男といえば、了安の家の近所に住む、了安と同い年の、秀才青年であった。秀才青年は体は了安より小さいものの、文武両道に秀で、人格よく、了安の酒癖の悪さをたびたび戒めていた存在でもあり、了安にとっては煙たい存在でもあった。その秀才青年が、自分は旅に出ねばなるまいと言って村を出ていった。了安は、俺が秀才青年を圧したのだと、いよいよ俺の時代になったのだと、誇らしく思った。

 

 

大猪退治から一年が経過した。すっかり了安は村一番の男としての自覚を持つようになっていた。引き締まった立派な肉体は彼の何よりの自慢であった。彼は妻を得て、順風満帆な生活を送っていた。

ある日、事件が起きた。大きな猪が村に現れたのである。一年前に了安が退治した大猪に負けぬ程の大きな猪である。

村人たちは悲鳴を上げ、しかしはたと冷静になった。自分たちの村にはかつて大猪を退治した男がいるではないか。しかも当時よりもさらに彼は鍛えて成長している。さあ、今再び退治してくれと、了安を大猪の前にかつぎ出した。

新たな大猪を前にして了安は躊躇した。鍛えぬかれた逞しき我が肉体。鏡を見るたびにうっとりするこの美しき肉体。せっかくの恵まれたこの身に傷が出来ては嫌だと彼は思った。それにどう闘えばよいものか。彼は途中から“見せるための肉体づくり”に懸命で、実戦で役立つ技や能力なぞ磨いちゃいなかった。大猪などと闘えぬ。しかし一方で村人たちの目を気にし、築き上げた今の地位が崩れるのをおそれ、逃げもできずに突っ立っていた。

その隙に大猪は突進し、了安を突き飛ばした。大猪は興奮止まらず、村人たちに次々と襲いかかった。

村がしっちゃかめっちゃかな中、ひゅんっと矢が飛んだ。矢は大猪を射止めた。

見事な矢を放ったのは、旅から帰還したところであった秀才青年だった。秀才青年は旅先で修行に励み、矢の腕もずっと磨いていたのだった。

すんでのところで村を救ってくれた秀才青年に、村人たちはそれはそれは感謝した。秀才青年を英雄だとして褒め称えた。

 

さて、大猪によって足を負傷させられた了安は、家で不貞腐れながらごろりごろりするしかなく、以前のようによく食べ大酒を飲むようになり、みるみるうちに肥えた。また、酒に酔えば例の悪い癖が出て他人に迷惑をかけ、誰も英雄扱いどころか頼ることなどしてくれぬようになった。酔いから醒めては妻に申し訳なく思い、その妻からは「私は昔から大猪みたいな人と結婚したかったの」と言われ、いったい俺は何の因果でこうなってしまったのか――、了安にはついぞわからなかった。

 

(終)

 

タイトルとURLをコピーしました