映画「スノーデン」を観た感想

映画(海外) 映画(映画館で観た)
スポンサーリンク

 

映画『スノーデン』を観てきました。

「世界中のメール、SNS、通話は米国政府に監視されていた――」という、事実に基づいた映画です。

ストーリー
2013年6月、元CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員エドワード・スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の内部告発により、アメリカ政府がひそかに作り上げた国際的な監視プログラムの存在が明らかになる。そこに至る9年の間、国を愛する平凡な若者はテロリストばかりか民間企業や個人、同盟国までも対象とされ、全世界のメールや携帯電話での通話が監視されている現実に危機感を募らせていた。

(引用元:シネマトゥデイ

 

アメリカ国家安全保障局(NSA)、そして中央情報局 (CIA) の元局員だったエドワード・スノーデン氏の告発に至るまでの数年間を描いた内容になっています。

 

主人公のスノーデンを演じるのはジョセフ・ゴードン=レヴィット。

彼は、恋愛に関する黒歴史を世の男性に思い出させて悶えさせると評判の(?)映画、「(500)日のサマー」で、主人公・トムを演じています。

優男キャラとか非モテキャラとかギークっぽいキャラがはまる俳優さんです。

日本でいうと星野源さんみたいなイメージがあります、個人的には。

 

そんなジョセフ・ゴードンが今回の映画ではスノーデン役となり、物語を進めていきます。

スポンサーリンク

例の事件について「知る」映画

この映画「スノーデン」には、エンタメ映画のような派手な演出やハラハラドキドキするような場面はないです。

娯楽としての映画を求めて観た場合は、地味に感じてしまうことでしょう。

 

これといった山場はないですが、例の暴露事件についての一連の流れやスノーデン氏のことについて詳しく知ることができ、観てる側は何かしら考えさせられる映画です。

日米の同盟が破綻すれば日本の電気が消える!?

映画の中ではけっこう日本についても出てきます。

アメリカは日本の主要機関やインフラにもスパイウェア的なものを組み込んで監視していました。

 

「もし日本がアメリカとの同盟をやめた場合」について、その場合、日本中の電気が一斉に消えていく……という描写が映画内にあります。

そういうプログラムを仕込んだとスノーデン氏は語っています。

電気が止まってしまえば日本中が大パニックになり、コンピューター、システムがダウンして経済的に大打撃を食らいます。

電気が止まるのはいろんな意味で恐怖です。

 

本当にその停電システムが有効なのかはわかりませんし、映画にまで取り上げられた今となってはさすがに日本側も対処済みとは思いますが、コンピューターのプログラムひとつで日本全土を停電させることはもはや技術的に不可能ではないんだ、ってことですよね。

いよいよそんな世界なのかーと思います。

 

これから国を守るにはコンピューターに関して天才的な知能を持っている人間は不可欠ですね。

個人ベースでも、いわゆる「情弱」でいて得することはないので、「情強」になるに越したことはないです。

個人で気をつけるべきこと

さてさて。この映画では「世界中のメール、SNS、通話は米国政府に監視されていた――」と煽っています。

個人へ向けてのメッセージですね。

今や多くの人がネット上で個人情報をさらけ出しています。

SNSで本名と顔写真を公開しているケースなんてたくさんあります。

利用するのは個人の自由ですが、だれに見られてるかわからないってことは忘れずにいたいですね。

 

鍵をかけてようが公開範囲を限定してようが、ネットに載せてしまえば全世界に広がる可能性はあります。

 

映画「スノーデン」の中で、本来は他人はアクセスできないところまでアクセスできちゃってるシーンがあります。

ま、無理じゃないよなって感じです。

ネットに関しては「絶対に」アクセスできないところなんてないと思ってます。

プライベート用SNSアカウントであっても、だれかから(許可してない人からも)見られてると思って使ってたほうがいいです。

ネットに載せる情報や画像にはご注意を。

 

世間に公開されて困るような情報はそもそもネットに上げるべからず。ですね。

おわりに

わたしが映画館にこの映画を観にいったときには、年配の方もけっこう鑑賞していました。

個々のプライバシーに関することだけでなく国防に関することでもあるので、スマホやSNSがドンピシャでない世代の方も興味を持たれたのかもしれません。

きっと戦争映画を若い人たちが観てくれたら年配の方が嬉しく思うように、ITやコンピューター関係の映画を年配の方が観てくれるとなんか「いいじゃん」と思います。

 

タイトルとURLをコピーしました