映画「スノーデン」を観た感想

映画(海外) 映画(映画館で観た)
スポンサーリンク

 

映画『スノーデン』を観てきました。

「世界中のメール、SNS、通話は米国政府に監視されていた――」という、事実に基づいた映画です。

ストーリー
2013年6月、元CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員エドワード・スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の内部告発により、アメリカ政府がひそかに作り上げた国際的な監視プログラムの存在が明らかになる。そこに至る9年の間、国を愛する平凡な若者はテロリストばかりか民間企業や個人、同盟国までも対象とされ、全世界のメールや携帯電話での通話が監視されている現実に危機感を募らせていた。

(引用元:シネマトゥデイ

 

アメリカ国家安全保障局(NSA)、そして中央情報局 (CIA) の元局員だったエドワード・スノーデン氏の告発に至るまでの数年間を描いた内容になっています。

 

主人公のスノーデンを演じるのはジョセフ・ゴードン=レヴィット。

彼は、映画「(500)日のサマー」で、主人公・トムを演じていた役者。

優男キャラとか非モテキャラとかギークっぽいキャラがはまる俳優かと思います。

 

そんなジョセフ・ゴードンが今回の映画ではスノーデン役となり、物語を進めていきます。

 

この映画「スノーデン」には、エンタメ映画のような派手な演出やハラハラドキドキするような場面はない。

 

地味めでこれといった山場はないですが、例の暴露事件についての一連の流れやスノーデン氏のことについて詳しく知ることができ、観てる側は何かしら考えさせられる映画です。

国とか大きな視点でも、それから個人ベースでも、考えるところはあるでしょう。

 

スポンサーリンク

映画を観て思ったことなど

映画の中ではけっこう日本についても出てきます。

アメリカは日本の主要機関やインフラにもスパイウェア的なものを組み込んで監視していました。

 

「もし日本がアメリカとの同盟をやめた場合」について、その場合、日本中の電気が一斉に消えていく……という描写が映画内にあります。

そういうプログラムを仕込んだとスノーデン氏は語っています。

 

本当にその停電システムが有効なのかはわかりませんし、映画にまで取り上げられた今となってはさすがに日本側も対処済み……とは思いますが、コンピューターのプログラムひとつで日本全土を停電させることはもはや技術的に不可能ではないんだ、ってことですか。

 

映画を観て思ったことなど(個人ベース)

この映画では「世界中のメール、SNS、通話は米国政府に監視されていた――」と煽っています。

個人へ向けてのメッセージにもなっている。

今や多くの人がネット上で個人情報をさらけ出している。SNSで本名と顔写真を公開しているケースなんてたくさんある。

SNS等を利用するのは個人の自由ですが、だれに見られてるかわからないってことは忘れずにいたいものだ。

 

鍵をかけてようが公開範囲を限定してようが、ネットに載せてしまえば全世界に広がる可能性はある。

 

映画「スノーデン」の中で、本来は他人はアクセスできないところまでアクセスできちゃってるシーンがあります。

まあ……無理じゃないよなあ……。

ネットに関しては「絶対に」アクセスできないところなんてないと思ってます。

プライベート用SNSアカウントであっても、だれかから(許可してない人からも)見られてると思って使ってたほうがいいかと。

 

世間に公開されて困るような情報や画像はそもそもネットに上げるべからず。ですね。

 

そんなことを思いました。

 

タイトルとURLをコピーしました