映画『search/サーチ』を観てきた感想

search/サーチ 映画(映画館で観た)
スポンサーリンク

 

映画『search/サーチ』を観てきました。

 

物語全編、パソコンの画面上で繰り広げられる斬新な作品です。その演出に興味を持ち、映画館に鑑賞しに行ってきました。

 

あらすじ:
ある日、デビッド(ジョン・チョー)の16歳の娘マーゴットが突然姿を消す。行方不明事件として捜査が行われるが、家出なのか誘拐なのか不明のまま37時間が経過する。娘の生存を信じるデビッドは、マーゴットのパソコンでInstagramなどのSNSにログインする。そこで彼が見たのは、自分が知らなかった娘の一面だった。

(引用元:シネマトゥデイ

 

サスペンスストーリーの一方で、シングルパパと娘の微妙な親子関係についても描かれていて、ヒューマンドラマの要素もちょっとあります。

 

観賞してみて……おもしろかった!

パソコン画面上でストーリーが進行するという斬新な演出のみならず、サスペンス作品としてもじゅうぶんに楽しめる映画でした。

思いがけない展開が起こり、事態は二転三転し、「まさか!」と驚かせてくれて、サスペンスものの醍醐味を味わうことができました。

所々こだわって作られているのが垣間見えて、伏線やストーリー展開も練られているなあと。

 

SNSなどのデジタルツールを駆使するシーンが多いながらもキャラクター描写がなおざりになることはなかったです。

たとえば父親がテキストを打つ場面は、顔の表情は見えなく・声を発さず・ただパソコンの画面にテキストが表示されるだけでしたが、それでも彼の性格や娘との微妙な感じが見えてきました。

文章を書き直したり送信せずにDeleteしたりっていうところで。

テキスト一つ打つにしても性質が表われてくるものだ。

 

それにしても、『search/サーチ』もそうですがアメリカの映画を観ていると、うまくいってない家族の間柄でもハグをしたり「I love you」なんかと言葉をかけたり、日本人から見れば仲良すぎなくらいのコミュニケーションはとっていますよね。

心がつながっているかはまた別の話ですが。

それでもアメリカはやっぱり、コミュニケーションの基礎地盤は日本のより物理的に近いというか、触れ合いが多いなと。

文化のちがいだな。

 

『search/サーチ』の主人公一家は、韓国系の家系でした。

でもアメリカに住んでいて、皆英語ネイティブ。

だから食事なんかは韓国っぽいところもあったけれど、振る舞いや他人とのコミュニケーションの仕方なんかはやっぱりアメリカンな感じでした。

 

そして主人公の父親、デジタルツールを使いこなし過ぎィ!ではないか。

テキストのタイピングは速く、SNS含め多くのネットサービスを巧みに使いこなしている。

おそらく頭がよく仕事なんかも有能な感じの役ではあるんだろう。

アメリカのビジネスパーソンともなれば、あんなふうにデジタルを駆使するのもお手の物なのかな。

 

個人的には、連絡先を検索するネットサービスの存在や、行方不明のニュースに対するネットユーザーの反応など、新たな発見や共感があったりして、興味深く見ることができました。

そして思いがけないストーリー展開に目が離せなくなりました。

 

そういえば終盤で、娘のホームビデオ的な映像がパッと流れたときには、映画館の客席からウッと嗚咽のような息が漏れてたなあ。

全編パソコン画面ではあるけれども、それに関係なくちゃんと感情移入できる映画ということだな。

 

斬新な演出と練り上げられたサスペンスの物語で、おもしろく鑑賞させてもらいました。

 

正直、例の演出(パソコン画面オンリー)がなければ、普通のサスペンスかなと思って、私は映画館で観てなかったと思います。

斬新な手法を売りにしてまずは客を呼んで、しっかりしたストーリーをみせるという。見事。

 

タイトルとURLをコピーしました