現在の執筆の状況

ペン 執筆

 

たまには、執筆の現状報告をば。

 

 

今月の頭から、新しい小説を書き始めました。

今回は、そこまで長編にはならない予定。……ではあるが、さてどうなるか。

今回の小説には、一つの要素として、「津波」が出てきます。これには自分が見た夢が影響しています。

前に津波から逃げる夢を見ました。いったん目を覚ますも、横になったまま、まだ夢を見てるときと同じくらいの質で思考が映像化される状態のまま、その津波の背景にこんな物語があったらどうだろう、と骨組を創造した物語です。
案外、机に向かって頭をひねるよりも、お風呂に入っている時やうとうとしている時のほうが、人間アイディアが浮かんでくることが多いのではないかと思います。

「夢で見た物語」とまではいかないですが、「夢がきっかけになった物語」ではあります。

また、最近読んだ本の影響を存分に受けて内容を肉付けしていったので、今でなければ書けなかった物語でもあります。

そんな物語を目下執筆中です。

 

前まで小説執筆用のソフトは、Adobeの「InDesign CS2」を利用していました。買い切りソフトだったCS2はサポート切れでもう使用できず、今回からInDesignとは別のソフトを使うことに。

今は「TATEditor」という無料のテキストエディターを利用しています。シンプルで、軽くて、最低限ほしい機能はきちんとついていて、使い勝手のよいエディターです。縦書きもできるので、今重宝しています。

いろいろと、デバイスもソフトも変えなければいけない時期だったのですが、どうにか執筆の環境が整ったので、これから書いていきます。

 

↓新しい小説の登場人物のラフ画。当初はこういうイメージだったけど、実際に文章を書いていくうちにイメージが違ってきた感じがある。

 

追記《2020年6月15日》

6月15日に、ひととおり小説を書き終えました。
4月から書き始めたので、ちょうど2ヶ月半の執筆でした。
短~中編小説くらいの分量かと思います。

これから読み直して修正などの作業に移ります。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Saeka Kadomatsu
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

執筆
この記事を書いた人

Saeka Kadomatsu
映画が好きな物書きです。小説を書いています。長編ファンタジー小説『アマタザキ』は、Amazonの電子書籍・キンドルで発売中。

門松冴果をフォローする
Saekak.com
タイトルとURLをコピーしました