拙著小説『太陽と月~(略)』が完結しました

ペン 執筆
スポンサーリンク

 

小説投稿サイト「小説家になろう」で連載中だった拙著小説が最終回を迎えました。

↓小説ページはこちら

太陽と月の0《ゼロ》への冒険 ~百年懺悔を課せられし化体族の島と、人間になるための遠征の旅~
レイル島。海に浮かぶのどかな孤島。 そこには人間ではない「化// 無料オンライン小説です

 

これにて完結。
けっこうな長編になりました。
小説家になろうの統計文字数では、約675,000文字。

 

冒険ものは書いてて楽しい。
ストーリーが終わりに近づくにつれて、もっと書いていたい気持ちにはなりました。
とはいえ、一つの作品として完結できてよかったというのはあります。

 

今回の小説では、「ハヤテ」という名の少年が主人公でした。

初期段階では、主人公の名前は「エディル」でした。
キャラクターたちは全員、西洋風の名前でいこうと思ってました。

それが、登場人物が増えるにつれ、外国人みたいな名前ばかりだとわけわからなくなるかな……と思いまして。
書いている自分は把握できても、読者の方は読みづらくなるんじゃないかと。

それで、主人公たちが住んでいる島(レイル島)の住人たちは、日本人風の名前でいくことにしました。途中でチェンジ。
ということで、「エディル」から「ハヤテ」に変更になりました。
(エディルという名前は、のちのち本編に出てはきます)

 

ちなみに、ほかのレイル島のキャラクターの変更前の名前は以下。

  • 【変更後の名前】・・・【変更前の名前】
     
  • ケイ・・・テイト
  • ムゲン・・・ダフティ
  • オキノ(領長)・・・ゼノニロイ
  • サユリ・・・フレア
  • ハルキ・・・ハリス
  • アズミ(ケイの母親)・・・ルアンナ
  • ケイゴ(ケイの父親)・・・ジェフター
  • チズル(シロハゴロモ亭の女将)・・・リリンザ
  • ルイ(ハヤテの同級生)・・・ジョアン
  • リサ(名前だけの登場、ユリアの友達)・・・サラ
  • サスケ(名前だけの登場、鍛冶屋)・・・キーン
  • ダイモン(百年前に過ちを犯した男)・・・サイラス

 

メインキャラクターであるユリアと、ミミという脇役のキャラクターについては、変更せず当初の名前のままです。元から日本っぽい名前だったので。

あ、それから上記の「チズル」の説明の「シロハゴロモ亭の女将」を打ち込んでて思い出したのですが、本作のレイル島に咲き誇る花でもある「シロハゴロモ」って、実際に存在します。ツバキの一種です。白くて美しい花です。画像検索で見るだけでもキレイだな~って思います。

 

私は今回の小説を書くにあたって初めて「シロハゴロモ」の花の存在を知りました。

シロハゴロモに限らずですが、執筆を通して初めて知る物事や情報や学べることって、本当に多いよなあと、しみじみ思います。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Saeka Kadomatsu
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

執筆
スポンサーリンク
この記事を書いた人
門松冴果

Saeka Kadomatsu
映画と文(ぶん)が好きな物書きです。小説を書いています。

門松冴果をフォローする
ものかきシアター
タイトルとURLをコピーしました