食べ物に関するドキュメンタリーを観た。「至福点」か…。

Netflix

 

ネットフリックスで食べ物に関するドキュメンタリーを3本たてつづけに観た。

 

『ゲームチェンジャー:スポーツ栄養学の真実』(2018)と『健康って何?』(2017)と『あまくない砂糖の話』(2015)。

 

ベジタリアンやヴィーガンのほかに、「プラントベース」という概念もあることを初めて知った。

 

上記の3本の映画とも、割と食品業界の闇みたいなのに焦点をあてていました。

人々の健康を守ることを掲げてるような団体や研究機関なども、ファーストフードや飲料メーカーなどの大手食品企業から資金援助を受けている。
だから健康によくないとされる食材にもノーがいえぬ、みたいです。

 

『あまくない砂糖の話』では、こんなのもありました。

大手清涼飲料水の企業が、科学的に研究していると。
何を研究してるのかといえば、人間の舌が何をおいしいと感じ・いかように中毒性を感じるのか、追及してるというのです。

企業は商品に使用する甘味料をギリギリまで増やす。
一定の量を超えて増やし過ぎると商品は売れなくなる。
だからギリギリのところはどこなのか探す。

そのギリギリの、人々がとりこになるところを業界では「至福点」(BLISS POINT)と呼ぶとのこと。

至福点を見つけ出して消費者がまた商品を買ってくれるよう研究してるんですねえ。

 

タイトルとURLをコピーしました