新しい小説『おぼろ』を公開しました

『おぼろ』

 

新しい小説『おぼろ』をAmazonキンドルにて公開しました。

 

■『おぼろ』あらすじ

気づけば見知らぬ荒廃の地にいた「私」。自身の名前も性別も不明。自分のことは何も思い出せない。閻魔だと名乗る顔の赤い人が現れ、ついていくことにしたが…? ――「私は誰です? 私は何者ですか?」(短編小説)

 

短編小説です。

ネタ帳ではないですが、日ごろ思いついたストーリーや設定などをメモ帳にまとめています。そのメモ帳から今回ピックアップして小説化した作品になります。

メモ帳の日付を見ると、2019年の11月にメモ書きしていたもののようです。およそ一年後に執筆・公開となりました。

 

実際に執筆していくと、当初のメモ書きから派生したり、カットになったり、変更になった部分はあったわけですが、以下の一文は当初のまま、メモ書きそのままです。

「ここが○○でないと、誰が証明できる」

(※一応、ふせ字にしました。○○には漢字二文字が入ります)

小説本文に出てくるセリフです。このセリフを書くために書いた作品、と言ってもいいのかもしれない。

 

ちなみにタイトルはちょっと迷いました。『おぼろ』、Amazonのキンドルにて公開中です。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Saeka Kadomatsu
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

執筆
この記事を書いた人
門松冴果

Saeka Kadomatsu
映画が好きな物書きです。小説を書いています。小説『アマタザキ』『霊峰記』等小説作品を、Amazonの電子書籍 キンドルで出版しました。

門松冴果をフォローする
Saekak.com
タイトルとURLをコピーしました