映画『モアナと伝説の海』を観てきました

ハイビスカス 映画(映画館で観た)
スポンサーリンク

 

映画「モアナと伝説の海」を観てきました。

 

さすがのディズニー!です。

 

映画ならではのワクワク感にあふれています。

 

あらすじ
誰よりも海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、幼少時に海とある出会いを果たしたことで運命が決定する。モアナは愛する者たちの救済のため、命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して再び平和な世界を取り戻そうとする。未知の大海原へと向かったモアナは伝説の英雄マウイと出会い、冒険を共にする。

(引用元:シネマトゥデイ

 

スポンサーリンク

海、海、そして海!

日本語タイトルにも「海」と入っているように、とことん海映画です。

 

海って広大で、深海は謎めいてて、荒波や難破など困難を引き起こして……、そんな海は「アドベンチャー」「ファンタジー」「成長」ストーリーと相性がいいですね。この映画はまさにそういったジャンルの映画です。

 

海は他にもパニックものやラブロマンスものとも相性がいいです。オールマイティーですね。それは海がいろんな面を持っているからでしょう。

 

『モアナと伝説の海』の中でも、海の「いろんな面」が出てきます。

 

海きれい!海神秘的!海果てしない!海こわい!海キケン! など。

 

キラキラ輝いてる美しい海のときもあれば、荒々しいときもあるし、シンと暗いときもあります。

 

そういった海の様子を、クオリティの高い3Dアニメ映像でみせてくれます。

 

この映画、映像がとことんキレイです。

 

映像がキレイ、そしてやっぱりスッと入ってくるバニラ的絵柄

この映画は映像がキレイで、とくに自然(風景)がとても美しく描かれています。

 

今や映像がキレイなアニメは珍しくないです。

 

映像がキレイなのは一つの魅力ですが、それよりも自分的に肝心なのは登場人物・生き物たちの描き方というか、「絵柄」ですね。

 

漫画もそうですが、絵柄が好みじゃないと、物語のなかに入り込むのが難しくなります。

 

ディズニーの絵柄はスッと入っていきやすいです。

 

主人公のモアナはかわいい(美人要素もある)し、動物たちもかわいいし、マウイはいい味出てるし、人以外のキャラたちも良くて、登場人物の絵柄がとにかくセンスがいいなーと思わされます。万人から受け入れられやすそうな、アイスで言うバニラ的な絵ですよね。

 

ディズニーのすごさは今さらわたしがいうこともないですけどね。

 

絵がリアルな部分もあります

波とか雲とか「リアルに描かれてるなー」って思った部分がたくさんありました。

 

人間の皮膚感もリアルでした。

 

南国の島に住むモアナの髪が、潮風っ気を帯びていて固そうなのもリアル。塩蔵ワカメ的な(伝わりますかね)。

 

リアルさとキレイさと幻想的な感じが程よくマッチしていて、さすがのディズニーチューニング。

 

 

アニメならではの無茶苦茶な動きとか、どれだけ衝撃をあたえても壊れない頑丈過ぎる船とか、いかにもアニメだけどディズニーはこれでいいです。

 

この映画に関してはギャグ要素も満載だし、なんてったってディズニーなので、ちょっとくらいの無理や矛盾はまったく気になりません。

 

ディズニーは、そういう無理矛盾を吹っ飛ばすくらいに、観客を楽しませようとする演出を仕掛けてきます。

 

あと演出でいえば、海賊が登場するシーンで、濃霧からボワーンと巨大な海賊船が現れるのが迫力があっていい演出でした。そんなにデカい船だったのか、という驚きがあります。

 

ココナッツパイレーツは、カワイイけど割と怖い具合が絶妙です。

 

中ボスの巨大なカニは、いかにもディズニーの脇役愉快キャラって感じでいいですね。甲羅めちゃくちゃキレイだったし。

 

ちなみにエンドロールの終わりにカニが再登場しますので、映画館で観る方は最後までご覧あれ。

 

そういえばラスボスである溶岩魔人的なあのキャラ、どこかで見たことあると思ったんですが、「ラッキーマン」の中に外見が似てるキャラがいた気がします。はっきり思い出せませんが。

 

「モアナと伝説の海」=「マッドマックス 怒りのデスロード」!?

さて。この映画は、「ディズニー版マッドマックス」とか「海のマッドマックス」とか、「モアナ 怒りのデスロード」って言われてたりするようですね。

 

わたしはマッドマックスシリーズが好きで、怒りのデスロードもとてもおもしろく観させてもらいました。

 

乗り物(モアナなら舟)に乗って、敵と戦ったり苦難を乗り越えたりってのは、マッドマックスと通ずる部分があります。

 

モアナの監督も、ポスターは「怒りのデスロード」からインスピレーションを受けたと語っているようです。

参考 ‘Moana’ Directors Talk ‘Mad Max: Fury Road’ Influences and Taika Waititi’s Screenplay

 

たしかに、男女二人が武器らしきものを持って並んで立っている構図は似てました。

 

うーん、でも「モアナと伝説の海」が「ディズニー版マッドマックス」というのは、そこまでしっくりこないかなあ。

 

マッドマックスは、殺伐として無慈悲で、甘さぬるさ一切なしの脱希望な世界観ですから。

 

以前、マッドマックスについて記事を書きました。↓

バイク乗らない私が「マッドマックス」の魅力などについて語る
MAD MAXシリーズ最新作の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観ました。 相変わらずギリギリでいつも生きていらっしゃる……マッドマッ...

 

モアナと伝説の海は、試練乗り越える系の骨太チックなストーリーではありますが、やはりそこはディズニー。希望やワクワクが散りばめられています。

 

ディズニーもマッドマックスも大好きなのでこの二つが肩を並べても嫌悪感みたいなのはないんですが、まあでもそれぞれの真髄は対極のところにあると思っています。

 

個人的には、「モアナと伝説の海」は、マッドマックスよりもジブリの風味のほうが強かった気がします。

 

顔なしを彷彿とさせるキャラが出てきますし、もののけ姫を連想させる場面もあります。

 

「モアナと伝説の海」を、「海のもののけ姫」と言っている人もいて、わたしとしてはそっちのほうが頷けました。

 

最近のディズニー映画は「恋愛」より「自分の道」へレリゴー

近年のディズニー映画の「アナと雪の女王」とか「ズートピア」とか「モアナと伝説の海」とか。

 

恋愛要素はあまりなく(どんどん減ってます)、女性が自分の道を進んで行くストーリーが多くなってます。

 

迷いや困難はあるけれど、自分を信じて、自分のやりたいことやろう、進むべき道に進もう、みたいな。

 

こういったテーマはウケます。ウケるということはそれだけ好きな道に進みたいけど踏み切れずにいる人が多いってことなんでしょう。

 

 

 

モアナと伝説の海では、主人公モアナは海に出たいけれど出られないという、まさにやりたいことがやれない状況にいました。

 

モアナのお母さんが「やりたいと思っても、できそうと思っても、やらずにいるべきことはあるの」みたいな足止めをし、ロックなおばあさんが「迷うな。自分の心に従え」と背中を押し、モアナ本人が「やるわ!」と決心して行動を起こすという、女三世代による葛藤→覚醒コンボが繰り広げられます。

 

抑圧からの脱却、そして広大な海への出帆は、それはやっぱりたくさんの人がカタルシスを感じますよね。

 

「モアナと伝説の海」は、いろんな意味でリフレッシュ効果が高いですよ。

 

 

ちなみに、ディズニーの恋愛映画では、「魔法にかけられて」がオススメです。

 

タイトルとURLをコピーしました