【ガソリン→油、口内炎→がほそ】宮城のローカルな言い方6個

アメリカンドッグ

 

「ローカルな言い方」は、全国にあるかと思います。

その地域独特の物の呼び方や、変わった呼び方、など。

たとえば、パスタのことはなんでも「スパゲッティー」と呼んだり、絆創膏を「キズバン」と言ったり、カエルを「ビッケ」と言ったり。

 

私の出身地の宮城県でも「ローカルな言い方」があります。
今回は思い出したものを6個ご紹介します。名詞のみです。

 

(※宮城県でも一部の地域だけのものもあるし、もしかしたら私のまわりだけの話というのもあるかもしれません)

 

大ざっぱ系

ガソリン→「油」

車のガソリンを「油」と言う人々がいます。私も前はそう言っていました。同じ宮城県内でもけっこう離れた地域の出身者も「油」と言っていたので、案外広めに浸透している言い方かもしれません。「油入れなきゃ」というような具合でガソリンスタンドに向かったりします。実際私が口に出して言ったときには、お隣の福島県民に「油ではあるけれども」と笑われたことがありました。

ケーキ→「パン」

これは一部の年配者に多いイメージです。ケーキのことを一律で「パン」と呼ぶ層が存在します。パンももちろん「パン」と呼びます。「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」という かの有名な台詞は、言う人によってはどちらもパンです。(さすがにそういう場合にはケーキはケーキと言うだろうけれども)

 

別の名前で呼ぶ系

電車→「汽車」

電車のことを「汽車」と言う地域は、個人的な感覚では割と広範囲に見られます。そして個人的見地ですが、「電車」を「汽車」と呼ぶ人も、「汽車」のことは「汽車」と呼びます。

アメリカンドッグ→「ホットドッグ」

アメリカンドッグのことを「ホットドッグ」と呼ぶ地域があります。私も一定の年齢まで「ホットドッグ」だと思っていました。あの食べ物の全国的な呼び名は「アメリカンドッグ」であると知ったときには、違和感を覚えたものでした。ちなみにアメリカでは、「コーンドッグ」と言うそうです。

 

由来不明系

口内炎→「がほそ」

口内炎のことを「がほそ」と呼ぶ宮城県の地域があります。また、「がそ」と呼ぶ地域もあります。由来はまったくわかりません。

餅まき→「ごすもづまき」

家を建てるときに餅をまく文化は東北地区に限らず各地にあるそうです。その餅まきのことを、「ごすもづまき」と呼ぶ宮城県の地域があります。これも由来は定かではありません。「もづ」は「もち」が濁った形でしょう。ごす餅。でも、「ごす」の意味・由来は、よくわからない状態です。

 

以上、6つのローカルな言い方でした。

このようなローカルな言い方は、どこにでもあるものかと思います。

個人的には、大阪でアイスコーヒーのことを「レイコー」と呼ぶのが、ローカル性があって面白いと感じます。冷コーヒー→レイコー

それでは。

 

タイトルとURLをコピーしました