京都国際マンガミュージアムに行ってきました

西谷祥子 イラスト ポストカード ブログ
スポンサーリンク

 

先日、京都国際マンガミュージアムに初めて行ってきました。

 

新旧数多くのマンガ本が収集されてあります。来場者は自由に読むことができます。

 

多くの人が庭の芝の上で寝転がったりして思い思いにマンガ本を読んでいます。

 

その雰囲気がすごくいい。

 

年齢国籍を問わずマンガ好きさんが集まって、マンガを楽しんでいます。

 

私も展示されているマンガを眺めて、「ああ! こんなマンガあったなー!」と、ノスタルジーきわまれりな状態に。

 

タイトルに覚えのあるマンガがあって、でも内容はさっぱり予想できなくて、中を見てみると読んだような読まないような、そんな記憶きわぎわの作品もあって、そんな記憶の微妙さを味わうのもそれはそれでおもしろかったりします。

 

 

 

私がミュージアムに行ったときには、「幻想と日常の間~西谷祥子・おおやちき・波津彬子」のイベント展示期間中でした。

 

西谷祥子さんのイラストを初めて拝見したのですが、ツボな作品が多かったです!

 

かわいかったり、クールだったり、ファッション誌の表紙になっているのもあってオシャレだったり

 

特にかわいいと思ったイラストがポストカードになっていたので、購入しました。

西谷祥子 イラスト ポストカード

3歳のときの私が見ても絶対に好きになっていたであろう、本能レベルでツボなイラスト

 

セブンティーンの表紙になっていた青い洋服のイラストや黄色い服のイラストもまた違ったテイストですごく気に入ったのですが、それらはポストカードにはなっておらず

 

西谷祥子さんのイラスト集、出版されないですかね……ぜひ欲しい

 

佐渡に行ったときに思いがけず佐々木象堂さんの素晴らしい作品に出会ったり、今回は西谷祥子さんのイラストと出会ったり、こういった素晴らしい作品やクリエイターに出先で出会うのは幸運なことですね。

 

 

 

また、ミュージアム内には、多数の漫画家の石膏手型が飾られてありました。これは珍しい。

 

定時に紙芝居やワークショップがおこなわれたり、マンガを読む以外にも楽しめます。

 

マンガのキャラクター風に似顔絵を描いてくれるスペースもあります。

 

外国人のティーンらしき少年が描いてもらった似顔絵をとてもうれしそうに眺めたり抱えたりしていました。

 

その姿にほっこりしました。

 

いろんな人のワクワクであふれている空間ですね。

 

 

 

館内には大きな火の鳥のオブジェもありました。

 

火の鳥のアニメ映画『鳳凰編』『ヤマト編』『宇宙編』3本観たことあります。

 

なかなか理不尽で人生の苦みえぐみが描かれている作品です。

 

火の鳥の絵柄がかわいらしいと思って観てみるとけっこう精神にズンときます。

 

ラスボス感ただよう火の鳥がミュージアムの天井から光臨してる様は乙なもので。

 

火の鳥の横顔は赤いリボンをつけた女の人に見えるな、などと思ったり。

 

 

 

そんなこんなで、初めての京都国際マンガミュージアムを楽しんできました。

 

しかしながら時間が足りず、気になったマンガはたくさんあるもほとんど読めませんでした。

 

再訪する機会があれば、もっとゆっくりじっくり堪能してきたいと思います。

 

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Saeka Kadomatsu
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ブログ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
門松冴果

Saeka Kadomatsu
映画と文(ぶん)が好きな物書きです。小説を書いています。

門松冴果をフォローする
ものかきシアター
タイトルとURLをコピーしました