京都国際マンガミュージアムに初めて行ってきた

西谷祥子 イラスト ポストカード

 

先日、京都国際マンガミュージアムに初めて行ってきました。

 

館内には、新旧数多くのマンガ本が収集されています。
来場者は自由にマンガを読むことができます。

 

多くの人が庭の芝の上で寝転がったりして、思い思いにマンガ本を読んでいました。
年齢国籍を問わずマンガ好きが集まっては、マンガを楽しむ空間になっています。

 

本棚にずらりと並んでいるマンガ本を眺めては、「ああ、こんなマンガあったなあ」と、ノスタルジーに浸ること多々。
読んだことがあるような・ないような、そんな記憶きわぎわの作品もあり、記憶の微妙さを味わうのも、それはそれでおもしろかったりしました。

 

 

私がミュージアムに行ったとき、「幻想と日常の間~西谷祥子・おおやちき・波津彬子」のイベント展示期間中でした。

 

西谷祥子氏のイラストを初めて拝見しました。
いわゆる「ツボ」な作品が多かったです。
かわいかったり、クールだったり、ファッション誌の表紙になっているのもあってオシャレだったり

 

特にかわいいと思ったイラストがポストカードになっていて、購入しました。

西谷祥子 イラスト ポストカード

 

セブンティーンの表紙になっていた青い洋服のイラストや黄色い服のイラストもまた違ったテイストですごく気に入ったのですが、それらはポストカードにはなっておらず

西谷祥子氏のイラスト集、出版されないのだろうか……

 

佐渡に行ったときに思いがけず、故・佐々木象堂の素晴らしい作品に出会ったり、今回は西谷祥子氏のイラストと出会ったり、こういった素晴らしい作品や芸術家・クリエイターに出先で出会うのは幸運なことです。

佐渡出身の鋳金工芸家・佐々木象堂(ささき しょうどう)の作品が美しい
新潟県の佐渡に一度だけ行ったことがあります。 初・佐渡は2013年でした。 その時はトキを見に行ったようなものでしたが、トキの森公園を出た後に偶然立ち...

 

マンガミュージアムでは、「マンガを読む」以外にも楽しめる要素があります。

ミュージアム内には、多数の漫画家の石膏手型が飾られてあります。
定時には紙芝居やワークショップがおこなわれます。
マンガのキャラクター風に似顔絵を描いてくれるスペースもあります。

外国人のティーンらしき少年が、描いてもらった似顔絵をとてもうれしそうに眺めたり抱えたりしていました。
その姿がほほ笑ましかったです。
いろんな人のワクワクであふれている空間だとつくづく思いました。

 

館内には大きな火の鳥のオブジェもありました。

火の鳥といえば、映画『鳳凰編』『ヤマト編』『宇宙編』3本観たことがありますが、なかなか理不尽で人生の苦みえぐみが描かれている作品でした。
火の鳥の絵柄がかわいらしいと思って観てみるとけっこう精神にズンときます。

 

ラスボス感ただよう「火の鳥」が、ミュージアムの天井から光臨している様は乙なもので。

(火の鳥の横顔は赤いリボンをつけた女の人に見えるな、などと思ったりもしました)

 

そんなこんなで、とりとめなく書きましたが、初めて京都国際マンガミュージアムを見てきたという話でした。

 

タイトルとURLをコピーしました