映画「この世界の片隅に」を観ての感想

映画(邦画) 映画(映画館で観た)
スポンサーリンク

 

映画『この世界の片隅に』を観てきました。

ストーリー
1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。

(引用元:シネマトゥデイ

 

すごくよかったです。

映画館で泣きながら観てました。

声を出して泣かないようこらえたほどです。

映画を観たあとはむだな感情が抜けて悟り開いたような気分になりました。デトックスかな。

 

この映画、絵柄がのほほんとしていて、主人公すずの性格はのんびりマイペース。

戦争中だけれどもごくふつうの日常をクスッとくる笑いをまじえながらほんわかと描いてるのかと思いきや……です。

衝撃を受けました。

 

登場人物たちの心の揺れや立ち振る舞いがリアル。

なんかこう、動かされてるんじゃなくて動いてるというか、とにかくいろいろとリアルです。

変にきれいに描かれてるわけじゃない。

けれど変に悲観的に描かれてるわけでもない。

 

大仰に描写せずともこちらの心を大きく揺さぶる。

それは空襲や原爆という要素があるからではあるんですが、それにしたって登場人物がペラッとしてれば単なる創作物を見てる気持ちになるだけであり、この映画はキャラの絵は簡素的な感じですが(※すみません)ペラッとしてません。

人間の機微を注意深く誠実に描いています。

 

ハッとするような展開・ストーリー構成に心を持っていかれました。

ほっこりする場面や心温まる場面もたくさんあります。

おもしろい場面もあります。

絶望や哀しみもあります。

心にズンときます。

いろいろな感情をあたえてくれます。

生きてりゃいろいろある、っていわれてる気がしますね。

 

映画館であれだけ涙が出たのは珍しかった。

嗚咽寸前でした。

 

2017年一発目の映画鑑賞、よかったです。

ほんとうに観てよかった。

わたしは映画館で同じ作品をリピすることはまずないんですが、この作品なら2回観るのも有りだと思ってしまうほどいい作品でした。

当時の貴重な記録としてもぜひ後世に残したい作品です。

 

余談ですが、映画館を出ようとしたとき、ロビーに見たことのあるお顔が。

市長でした。市長はなんの映画を観たんだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました