やっと「気のせいだ気のせいだ」と鳴く鳥の正体がわかりました

 

最近気になってしょうがなかった、ある鳥の鳴き声。

「気のせいだ、気のせいだ、気のせいだ」と言っているように聞こえます。高い声で高速で「気のせいだ」を繰り返します、というか「気のせいだ」と言っているようにしか聞こえないのです。ちなみに季節は春~夏のあいだ頃です。

特徴としては、ワンフレーズ鳴いたらしばらくは鳴かなくなります。早朝から夕方まで、空に明るさがあるうちは鳴くようです。

鳴いている姿は確認できませんでした。ネットで検索してみるも全然情報が出てきませんでした。しかし何とか手を替え品を替え、探してみて、ようやく「気のせいだ気のせいだ」の声の主が判明しました。

 

 

答えは。

ウグイスでした。

 

ウグイスといえば「ホーホケキョ」ですが、ウグイスの特殊声として、下記のサイトに「気のせいだ、気のせいだ」に聞こえる鳴き声が収録されていました。

さえずりナビ

でも上記のサイトのだと、あまり「気のせいだ気のせいだ」に聞こえません。

個体差?で、たまたまこっちのウグイスは「気のせいだ気のせいだ」に聞こえやすい声質の鳥だったのかもしれません。一般的には「気のせいだ」に聞こえない鳴き声なのかもしれません。だから「気のせいだ 鳥 鳴き声」とかで検索してみても、該当する情報が出てこなかったのかもしれないですね。

 

実は、ウグイスだとわかったときには「やっぱり」という気持ちもありました。

「気のせいだ気のせいだ」の鳴き声が聞こえてくるときには、ウグイスの「ホーホケキョ」も聞こえてくるなあとは感じていました。(ほかにもホトトギスとか複数の野鳥・小鳥の鳴き声が聞こえてきはしますが)

ウグイスとは声の質的にも似ているし…と、「ウグイス説」が自分の中にできたりもしましたが、ウグイスの鳴き声を検索してみると「ホーホケキョ」ばかりで、確証が得られず。

ちょっと時間はかかりましたが、なんとか決め手となる音声を見つけることができて、ウグイスで間違いないでしょうという結論に至りました。

特殊声として紹介されていただけあって、あまり知られていない珍しい鳴き方なのでしょうか。

 

とりあえず、正体がわかってすっきりしました。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Saeka Kadomatsu
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ブログ
この記事を書いた人
門松冴果

Saeka Kadomatsu
映画が好きな物書きです。小説を書いています。小説『アマタザキ』『霊峰記』等小説作品を、Amazonの電子書籍 キンドルで出版しました。

門松冴果をフォローする
Saekak.com
タイトルとURLをコピーしました