KDP(キンドル)での小説出版の備忘録

KDPでの小説出版の備忘録 メモ類、備忘録

 

KDP(Kindleダイレクトパブリッシング)での小説出版の備忘録。

使ったソフトやウェブサービス、KDPの設定など。※各サイトの敬称略。

 

【執筆の際に使用したエディター】

✅ 執筆エディター:
TATEditor (縦書き対応のフリーテキストエディタ―)を使用

  • デスクトップ版「TATEditor」をパソコンにインストールして使用。
  • 執筆時のルビや圏点の処理については、「でんでんコンバーター」用のタグを使用(後述)

 

【出版準備の際に使用したウェブサービスなど】

Kindleストアで販売するには、販売する作品の「EPUBファイル」が必要になる。なので、まずはEPUBファイルを作る。

▶「でんでんコンバーター」でEPUBファイルの出力をする

✅ EPUBファイル出力:
でんでんコンバーター (無償ウェブサービス)を使用

執筆したテキストデータを「でんでんコンバーター」にアップロードすれば、EPUBファイルを出力してくれる。

《出力時の、サイト画面上での設定》

  • 作品「タイトル」と「作者名」を入力
  • 「ページ送り方向」は、「右から左 縦書き」にチェックを入れる。
  • 「ページ自動生成」にて、「扉ページ」と「目次ページ」にチェックを入れる。
  • 「その他」で、「表紙ページをスキップする」にチェックを入れる。

「でんでんコンバーター」用のマークダウン(主なもの)

ルビ:{漢字|かんじ}
圏点(傍点):*圏点をつける文章*
改ページ:=======================================  (※半角のイコール記号「=」3つ以上)

他は、「でんでんコンバーター」のサイトのマークダウン一覧ページを参照。

なお、「でんでんコンバーター」を使用する場合、本文の段落と段落の間に一行の空行が必要。普通に執筆する場合より、改行を1個多く入れなければならない。

▶「TeraPad」で改行を1個から2個に一括置換で増やす

✅ 改行を1個から2個に一括置換で増やすには、フリーテキストエディタ「TeraPad」を使用する。

「TeraPad」をインストール後、「置換」(Ctrl+R)機能にて、次のように一括置換する。

《改行を一括置換で増やす》

  1. 検索する文字列に「\n」を入力
  2. 置換する文字列に「\n\n」を入力
  3. 「\n=改行~」の項目にチェックを入れる
  4. 「すべて置換」をクリックして、一括置換する

「TeraPad」で改行一括置換1

↓置換して、改行が1行ぶん増えた。

「TeraPad」で改行一括置換2

 

▶KDPの設定

KDPの管理画面にてEPUBファイルと表紙をアップロードし、作品の各種情報を入力する。

✔ 表紙について → 以下のガイドライン参照。表紙の推奨サイズ等、詳しく記載されている。(縦横比 1.6:1が理想的とのこと)
参照 電子書籍の表紙の作成 – KDP

✔ 作品のキーワードについて → キーワードの設定には、以下のKDPヘルプページを参照にするといいかもしれない。
参照 キーワードを利用して本を見つけやすくする – KDP

✔デジタル著作権管理(DRM)について → 当作品では「有効にする」を選択した。通常こちらを選んでおけば問題ないかと。この項目は後で変更できないので注意。

当作品の、出版申請&許可がおりた日時

■KDP出版申請(申請完了):
2020年8月11日(火)PM23時頃

■Kindleストア販売開始お知らせメール受信:
2020年8月12日(水)AM3時半頃

【その他】

  • 表紙は、初回アップロード時も、別のデータに差し替えた場合も、Kindleストア上に反映されるまでに数時間かかる。すぐには反映されない。
  • Kindle本出版に関する詳細は、以下の公式ガイドラインを参照する。
    参照 Kindle パブリッシング・ガイドライン – KDP

 

タイトルとURLをコピーしました