宮城県(の一部の地域)の方言、「つかすい」について(意味・使い方)

つかすい 言葉
スポンサーリンク

 

以前紹介した方言「いずい」に続き、今回は「つかすい」という方言についてご紹介。

 

スポンサーリンク

「つかすい」の意味・使い方

「つかすい」は宮城県の一部で使われている。

ネット検索をしても情報が出てこなかったし、この方言を知らない宮城県人も多いので、本当にごく一部の地域の言葉なんだと思う。

意味は、なれなれしい、図々しい、みたいな感じ。距離が近く無遠慮な感じ

おそらく語源は「近しい」からきてるのかなと。

 

「つかすい」は仲間内で親しみを込めて交わされる場合もあるし、他人を腐す目的で使われる場合もある

前者の場合には冗談っぽく言う。人懐っこいとか人見知りしないとかオープンな性格とも受け取れるので、この場合は言われたほうは悪い気はしないだろう。

後者のように話者に悪意があって使われる場合は、厚かましい、いけ図々しい……といった意味合いになる。
小中学生なんかは特に、喧嘩のときに「テメェ、つかすいんだよ」と罵ったりもすることもあるので、立派な悪たれ口にもなり得る。

バカとかアホとかと同じ感覚かなと。
関係性・状況・言い方によって、(一見そしっているようで実は)褒め言葉にもなるし、文句にもなる。

親しみを感じてるから言える方言でもあり、親しみを感じないから言える方言でもある。そういう両面性を持った方言ってほかの地域にもあるんじゃないかなと思う。

 

それでは今回はこの辺で。

 

当記事は、以前自分が別サイトに書いた記事の移転になります。
別サイトでの公開日:2018/10/14

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Saeka Kadomatsu
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

言葉
スポンサーリンク
この記事を書いた人
門松冴果

Saeka Kadomatsu
映画と文(ぶん)が好きな物書きです。小説を書いています。

門松冴果をフォローする
ものかきシアター
タイトルとURLをコピーしました