宮城県の方言「いずい」について(意味・使い方)

いずい 言葉

 

宮城県には「いずい」という方言があります。
「いずい」の意味や使い方をご紹介します。

 

「いずい」の意味・使い方

「いずい」の意味は、「違和感がある」とか「しっくりこない」とか「何か(引っ掛かったりして)気になる」「ピッタリはまらない」みたいな感じです。

 

たとえばメガネを作ったとき。
完成品を試着してみたら鼻や耳にうまいことフィットしなくて微調整が必要になる場合がある。
このフィットしない感じが「いずい」に近いです。

 

個人的見地からすると、きつい・締めつけ感があってフィットしない場合にのみ「いずい」を用い、ゆったりして合わない場合には「いずい」は使いません。

「いずい」は、「しっくりのこなさ」の中でも、自分の肌や体に多少なりともストレスを与えられて生じる「しっくりのこなさ」を表す単語なのかなと思います。

 

ほかの例を挙げると。

たとえば、スニーカーの中に小石が入り込んで足の裏を刺激してきたなんてことがあったとします。
こんなとき宮城県人は、「なんか”いずい”ど思ったら石ころ入ってだー」(何だか違和感あると思ったら石ころが入ってた)みたいに言ったりします。

少し痛かったり痒かったりチクチクするような感触には「いずい」、持ってこいです。
むずむず、そわそわ、いがらっぽいなども「いずい」の有効範囲内。

 

「不快」「異変」などと言い表してしまうと時として大袈裟になってしまう。
そこまではいかない微妙な違和感・異物感のたぐいを角が立たない感じで結構幅広くカバーできる。そんな汎用性のある方言が「いずい」

 

使い勝手がいいために、地元民の日常会話では「いずい」がちょいちょい登場します。
宮城県を訪ねた際に「いずい」がサラッと出たら、地元の人に「おっ」と思われるかもしれません。

 

ちなみに「いずい」のアクセントは「うまい、まずい」の「まずい」と同じです。
表記は「いずい」なのか「いづい」なのかは不明です。何度も口に出すことはあれど、文章に書くことはまず無いので。

「いづい」のほうが東北弁の雰囲気は出そうではありますが、「づ」にする根拠はないので現代仮名遣いの「ず」で紹介しました。

 

当記事は、以前自分が別サイトに書いた記事の移転になります。
別サイトでの公開日:2018/10/12

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Saeka Kadomatsu
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

言葉
この記事を書いた人

Saeka Kadomatsu
映画が好きな物書きです。小説を書いています。小説『アマタザキ』『霊峰記』は、Amazonの電子書籍・キンドルで発売中。

門松冴果をフォローする
Saekak.com
タイトルとURLをコピーしました