映画『本能寺ホテル』を観た感想

本能寺ホテル 映画(映画館で観た)
スポンサーリンク

 

※この記事は途中からネタバレ含みます

 

 

映画『本能寺ホテル』観てきました!

好物のタイムスリップものなので、これは観たい!と公開前から思っていました。

 

京都の風光明媚な景色を堪能できるちょっぴり大人向けな映画だと思います。

 

あらすじ:
倉本繭子(綾瀬はるか)は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一(平山浩行)にプロポーズされ、恭一の両親の住む京都へ向かう。京都に着いた繭子は、路地裏にある“本能寺ホテル”に導かれ、気が付けば1582年の本能寺にいた。繭子は現代と1582年を行き来しながら、織田信長(堤真一)や森蘭丸(濱田岳)と交流を果たす。その日は信長が暗殺された本能寺の変の前日だった

(引用元:シネマトゥデイ

スポンサーリンク

大人版『君の名は。』という印象を受けた

この評価はどうかなと思いつつも時期的にそう感じてしまったので書きますが、鑑賞後に大人版『君の名は。』みたいだと思いました。

公開された時期が近いからということもありますが、タイムトラベルものだということや、事情を知っている主人公が相手(とそのまわり)を助けようとするところなど、共通する部分があります。

 

本能寺ホテルは有名すぎる歴史上の人物&事件と絡めているぶん、けっこう賛否が分かれる映画なのかなと思います。

一部からは絶対に批判は出るだろう題材に取り組んでるところがいいですね。

私はこの映画、楽しめました。

この映画の笑いのセンスが好きでところどころ笑わせてもらいましたし、切なさを感じるシーンもあり前向きに感じるシーンもあり、こういうのもアリだなって思いました。

 

テレビ局(フジテレビ)が制作に携わっていることもあり、約2時間のあいだで魅せる「うまさ」や「まとまり感」がある映画です。

そういうエッセンスがある映画って下手すれば作られた感じがして冷めてしまう場合もありますが、本能寺ホテルはそんなことなく、サラッとうまくまとまっていて、そこは監督はじめテレビに携わっている方たちが得意とするところなのかなあと思わされました。

 

キャストがよかった

まず主人公・繭子を演じた綾瀬はるかさんが役柄ピッタリでした。

繭子は素直で真っすぐで、どこか抜けてるところもあるけれど芯の強さを感じるっていう、綾瀬はるかさんのイメージそのものです。「このタイミングで金平糖食べるんかい」みたいな場面も、繭子だったらありえます。

繭子だからこそ戦国時代にタイムスリップしても何だかんだその無邪気さと明るさでむこうの人たちと打ち解けてしまったんでしょう。

 

織田信長役の堤真一さんはかっこよかったです。

ただ堤さんには爽やかさがあり、信長はもっとギラギラしていてもよかったんですが、今回は信長の優しい部分もあらわす必要があったので、まあ爽やか風味の信長でもいいのかなと。

明智光秀役の高嶋政宏さんは目力がありました。

 

あと個人的にイイ!と思ったのが、森蘭丸役の濱田岳さんと、本能寺ホテルの支配人役の風間杜夫さん。

いい味出てるなあと。

支配人なんて、ホテルと同様に謎めいた雰囲気をまとっていて、何を考えているのかイマイチわからないところがよかったです。

 

あ、あとは八嶋智人さん!おもしろかった!

さすがおいしいところを持っていきますね。

あの動きはどこからヒントを得たんでしょう。

 

以下、ネタバレ含みます

さて、ここからはネタバレを含む詳しい感想を書きます。

まだ映画を観ていない方は、お気をつけくださいませ。

 


※以下、ネタバレ含みます

結末は妥当かもしれないけど、逃げるエンドでもよかった

過去にタイムスリップする上で問題になってくるのが、現代人が関わることによって歴史が変わってしまうことです。

歴史が変わってしまったら、特に織田信長に関する歴史なんかが変わってしまったら、そりゃ各方面に影響出まくりで大変なことになってしまいます。

現代人である主人公・繭子の存在だっていなくなってしまうかもしれません。

 

そういう「歴史を変えちゃったらヤバい」問題がある中、「なるほど。そう落とすか」と納得できるところに行き着きました。

結局歴史は変わらないという枠組みの中でのやりくりなら、ああいう結末になるのは妥当だったのかなと思います。

 

個人的には信長は逃げてもよかったです。

遺体は発見されていないのだから表面上は信長は亡くなったことにして、実は逃げのびてどこかで生きていたってことにしてくれてよかったし、この映画ではそういうストーリーにするのかなと思ってました。

 

映画内のあの大炎上じゃ、あそこから逃げ出すのはまず無理だし、結局信長は自害したという結末を観てる側に想像させます。

でもはっきりとは描かれていないので、もし続編があるとすれば実は逃げて助かってたって設定になるかもしれませんね。

 

主人公と恋人のお別れエンド

繭子が戦国時代から現代に戻るには、本能寺ホテルのフロントのチンベルを鳴らす必要があります。

繭子本人は鳴らせないのでだれかが鳴らすのを待つことになります。

 

クライマックスシーンで、繭子は炎上している本能寺で逃げ場がなくて立ち往生してしまいます。

危うく倒壊する建物の餌食になるところでしたが、危機一髪現代に戻ってこられて助かります。

 

ホテルの支配人がチンベルを床に落として鳴らしてしまったことでギリギリ免れることができたのです。

ここでチンベルを鳴らすのが恭一じゃなくてよかったです……。

ここで恭一が助けたら二人がそのままくっ付くエンドで終わってしまう気がして、それはハッピーエンドではないので、そうならなくてよかったと思っています。

 

繭子が恭一と結婚してしまったら繭子は自分の好きなことを追求できませんでした。

恭一と離れたからこそ繭子は前に進むことができたので、繭子と恭一のお別れエンドでよかったです。

社会科(歴史)の先生を目指すのもよかったです。

繭子のやりたいことは何になるんだろう、と思ってたから、「なんとなく」で生きてきたことをあらわすための小道具として扱われてたっぽかった教員免許がラストで活きるのは、「ああ、こうきたか」と思わされました。

 

あとがき

以上、本能寺ホテルを観た感想について思いつくままに書いてみました。

 

わたしはこの映画を楽しめましたし、全体的に満足しています。

 

なんかこう、静かに温かく元気とやる気が出てくる映画で、おもしろさにプラスして心地よい切なさを感じる映画でした。

 

タイトルとURLをコピーしました