『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』を観て

映画(旧作レビュー)
スポンサーリンク

 

ドキュメンタリー映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』を鑑賞。

 

ウクライナ出身のセルゲイ・ポルーニン。驚異の才能と圧倒的な努力で、19歳で史上最年少の英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなった。しかしその2年後、人気のピークで電撃退団する。

 

「人並み外れた才能」と「葛藤」を持ち合わせていたセルゲイ。「優雅な野獣ようだ」とそのダンスを評され、どこに行っても「圧倒的な才能」「格が違う」とたたえられてきました。しかし本人は重圧や苦悩により満身創痍に。

 

もう少しだけセルゲイの半生を詳しく書きます。

 

生まれたときから関節がとても柔らかく、天賦の才を持ち合わせていたセルゲイ。英国の名門ロイヤル・バレエ・スクールに合格する。家族はビザがなく、セルゲイは13歳で単身イギリスでバレエに打ち込むことになる。

セルゲイは授業をほかの生徒の2倍とる。うまくやれればまた家族が一つになると思い、うまくやれなければ国に帰らなければならないという思いからだった。

セルゲイが渡英して数年後に両親が離婚。その苦しみからセルゲイは「二度と誰も大切に思わない。思い出を作らないと決めた」と語っている。

両親の離婚以来、何を目的にして頑張ればいいかわからなくなる。そして私生活では、コカイン、タトゥー、鬱。セルゲイは19歳で史上最年少の英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなるも、人気絶頂のさなかに退団を決意。マスコミからは「才能豊かな問題児」「バッドボーイ」などといわれた。

退団後はロシアに移る。ダンスの才能は変わらず評価されるも、大人気を得るまでにはいかない。

引退すべく最後の曲を踊りきり、その様子をYouTubeで公開したところ、世界中で1500万回以上再生された。(2018年9月25日現在では2400万回以上の再生数)

この動画の成功によって励まされたセルゲイは再び舞台に立ち、両親と祖母を初めて自分の公演に招待した。

 

 

セルゲイが通っていたバレエスクールの友人が語るには「たとえばバレエスクールを19歳で出たとして、そこでふと気づく。自分には子供時代がないと。ケガをしてはいけないから、バレエ以外は何もやらずに生きてきた。”プロになるしかない”と思うのだ」と。

 

この言葉を聞いて、小さい頃から圧倒的な才能を持つ人は、それ以外の道を潰しかねない状況にあるのだと気づかされました。その道に進むように導かれていたんだ、という言い方もできます。そういう道で良かったのかそうでないのかは、人それぞれだし、結果論でしょう。

今は、セルゲイもそうであったように、動画やSNSなどで個人ベースで発信ができます。昔よりは第二の人生の可能性だったり活躍の仕方というのは大きく広がっている時代です。セルゲイのような天才の発表する場が、現地に赴かずともどこでも見られるネット上にあるのは、ファンにとってもありがたいこと。

 

セルゲイの生き方に関してあれこれ思ったところで、それこそセルゲイの友人が映画の中で語っていたように「外野の意見」でしかないのですよね。自分で選択していくしかない。

 

セルゲイは「アンナ・カレーニナ」の将校もさらりと演じられそうなくらいに妖艶な美しさを持っています。肉体をしなやかに美しく動かせるのは、ただただ素晴らしい。

 

タイトルとURLをコピーしました