映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観ての感想・気づき等

sunset 映画(旧作レビュー)
スポンサーリンク

 

なんとなく劇場では観てなかった映画『ボヘミアン・ラプソディ』を、レンタルで観ました。

記憶が薄れる前に、観た感想や気づいたこと・発見したことなどを書いておこうと思います。

発見といっても、個人的なことだったり、あまり作品とは関係ないことだったりします。

自分用メモという感じで。

スポンサーリンク

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観た感想

よかったです!

見応えがあった。

運よく大画面&音響のいい場所で鑑賞することができたのは正解だった。

大音量で、高音&ズンズン低音の振動を肌で感じることができるのは、この映画の醍醐味を味わえる大事な要素でした。

 

この映画、いろいろ物語を経て最初のシーンにつながるってあたりとかエモかったです。これは”エモい”を使わざるを得ないやつでした。

そして主役のラミ・マレックがすごかった。

フレディ・マーキュリーをよく知らない自分にも、細かいところまで研究して演じているんだろうなというのが感じ取れました。喋り方や表情など、ちょっと”クセ”を感じるところがあって、それは寄せてる証拠なんだろうなと。

「伝説のロックスター感」、「華のある破天荒なフロントマン感」、「孤独なスーパースター感」みたいなのがあって、フレディ・マーキュリーの存在感を見せつけられました。

音楽の部分はもちろんのこと、ドラマ部分も目が離せなかった。

いろいろ壮絶なことをさっぱりと描いてた印象でした。

携帯電話やネットがなかった時代の、情報の伝わらなさや、離れた人とのコミュケーションをとることの難しさなどを感じました。

 

クイーンの名曲、しみました。

「ママ~♪」の曲(ボヘミアン・ラプソディ)、初めてじっくり聴きました。イイ。

「We Will Rock You」とかは、やっぱりかっこよかった。

ああ、なんかいいものを観た感覚がクイーンの曲とともによみがえります

なんだか、たまに年輩の方が「古き良き時代」といって昔を懐かしむことがありますが、おそらくそういったたぐいのノスタルジーが疑似体験できる部分はあるのではないかなと、この作品。

もう現実では味わうことができない伝説のロックスターのライブを体感し、「せつなさのまじった興奮」状態になり、それが「エモい」になるのではないかなと。

せつなさや儚さといった「低血圧」的な部分と、興奮や感情の高ぶりといったような「高血圧」的な部分がそろって「エモい」になる気がします。
エモいとは「血圧の不安定」→「不整脈」→「ドキドキ」→「ときめき」!? つまりはときめき?なんてのを今思いました。

映画を観て気づいたことなど

劇中ではクイーンの音楽以外BGMらしいBGMがほとんどなかった(無に近い)。
なので、いい意味で芝居に色が付かなくて、なんだか一瞬ドキュメンタリー映像を観ているように感じるシーンもありました。

もちろんこういったドラマはあくまで事実に沿った「ドラマ」であり、ドキュメンタリーを観るときとは別の感じで観ますが。

 

ところで。

私は高校生の頃、まったく世代ではないのですがエアロスミスが好きでした。

その昔、キッスとクイーンとエアロスミスが御三家と呼ばれていた時代があったようです。

私はエアロスミスがきっかけとなって色んなロックバンドの曲を聴いてみたりしたのですが、なぜか同じ御三家のクイーンには手が伸びなかったです。

それでもクイーンのいくつかの曲は有名なので知っていました。
フレディ・マーキュリーの存在も有名なので知っていましたが、ほんとう~に浅い知識でした。

フレディやクイーンに関してほとんど無知といってもいいくらい。

映画を観ていくうちに、フレディ・マーキュリーの人となりがわかっていきました。

パキスタンにルーツがあったとか、女性の恋人がいたとか、猫好きだとか初めて知ったし、そういえば彼の性格自体よく知らなかった。

そんなフレディを知っていく中で思ったのが……

フレディはスティーブン・タイラーに似てる!?

ということ。

発見1:フレディはスティーブン・タイラーに似てる?

スティーブン・タイラーは、エアロスミスのボーカルです。

口が大きいところとか、破天荒でかつフロントマンとしての華や才能があるところなんか似てると思う。

フレディを演じたラミ・マレック自体、スティーブン・タイラーに雰囲気が似てる瞬間が何度かありました。特にロン毛のときなんかは若かりし頃のスティーブンに似てると思う。

実物のフレディ・マーキュリーの若い頃の写真を見てみても、スティーブン・タイラーに似てないこともなかったです。

そういえばエアロスミスよりちょっと上の世代のミック・ジャガー(ローリングストーンズのボーカル)も口が大きい。あの時代のロックバンドのボーカル、偶然なのか口が大きい人がそろっていたんですね。

発見2:クイーンのメンバーを生で観たことあったのを思い出した

忘れていたわけではないのですがなんとなく記憶の片隅に埋もれていたことを、『ボヘミアン・ラプソディ』の鑑賞によって呼び起こされました。

私は10代の後半のときにロンドンにいったことがありました。そのとき現地の劇場で、ミュージカル「We Will Rock You」を観賞しました。

クイーンのヒット曲で構成されているミュージカルでした。

当時私はエアロスミスが大好きで、ロックも大好きで、それで偶然クイーンに関係するミュージカルがあるのを知って観にいった感じです。

私が観にいったとき、クイーンのメンバーの一人がゲストとして出演されてました。ラストのカーテンコールにも登場されてました。
たぶんギターの方だったかと思うのですが……定かではありません。

なにげにクイーンのメンバーを生で見たことがあったんだなあと、感慨深くなりました。

発見3:レディ・ガガの名前の由来

クイーンの曲に『Radio Ga Ga』(レディオ・ガガ)というタイトルの曲があります。

この曲がレディ・ガガの名前の由来になっているとのことです。

 

以上です。

感想や気づいたことなどつらつら書いてみました。

『ボヘミアン・ラプソディ』、よかったです。

タイトルとURLをコピーしました