Saekak.com

物書きをしている門松冴果のホームページです。
ブログ、小説作品紹介。映画鑑賞。

ブログ

日本画家・安田靫彦を知った

執行草舟氏の本で、安田靫彦を知りました。 安田靫彦(やすだ ゆきひこ、1884-1978)、日本画家。 その作品の素晴らしさに魅了...
映画(旧作レビュー)

映画『楢山節考』―老婆おりんのかっこよさよ

一か月ほど前に、映画『楢山節考』(1958)を観ました。映画は初めてでした。本は読みました。 以下、映画(映像で物語を観て)の感想になります。 ...
映画(その他雑記)

映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』の「欲しい物」についての考察

映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(2013)で、老人ウディが当選金100万ドルで、新しいトラックとコンプレッサーを買いたいと言っていた。 ...
スポンサーリンク
執筆

現在の執筆の状況

たまには、執筆の現状報告をば。 今月の頭から、新しい小説を書き始めました。 今回は、そこまで長編にはならない予定。……ではあるが、さて...
ブログ

南三陸に多いお寺。曹洞宗。そうどうしゅう、ではない。

南三陸町の町民と話していての発見。 檀家となられている寺の宗派「曹洞宗」のことを、「そうどうしゅう」と呼んでいた。 「曹洞宗」の読み方は「そう...
創作・読み物

【創作読み物】ある村と大猪(おおいのしし)

西の村に了安(りょうあん)という名の男あり。 二十余歳の青年了安は、身体大きく、よく食べ、よく酒を飲み、快活で人付き合いよく、初めて会う者からは...
映画(旧作レビュー)

映画『太秦ライムライト』の“どこかで誰かが見ていてくれる”について

素晴らしい映画でした、『太秦ライムライト』(2014)。 ラストシーンの集大成感は、ただただお見事。 見事な斬られっぷりは言わずもがな...
本・漫画

自己を変え得る強力な書物だと思える本に出会った

結論からいえば、執行草舟氏の本です。 そもそも私は本についてはレビューや所感を基本的にはブログに書きませんが。 なぜ今回執行氏の本につ...
映画(その他雑記)

映画『女神の見えざる手』の主人公のかっこよさ

映画『女神の見えざる手』(2016)の主人公、エリザベス・スローンはかっこいい。 個人的にはあらゆる映画キャラクターの中でもトップレベルにかっこ...
Netflix

映画『失くした体』を観た感想と少しの考察

※ネタバレはないつもりですが、作品を観た後で読むのを推奨します。 映画『失くした体』(2019)の存在を知ったのは、映画館で予告編を見たから...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました